KEYSBITパーソナルトレーナー 間弓隼のBLOG

ビタミンB6がダイエット・筋トレに必須な3つの理由と必須食材

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
パーソナルトレーニングジムMEHRABIAN横浜の代表/12名様限定会員制ジムで主に経営者・医師のボディメイクを行う/元RIZAPパーソナルトレーナー/著書『筋肉をつける、体脂肪を減らす最強の習慣術』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!パーソナルトレーナーの間弓隼です。

「ダイエットをしているのに、なかなか体脂肪が減らない」

「筋トレをしているのに、思ったより筋肉がつかない」

「しっかり運動しているのに、イマイチ体重の落ちが悪い」

ダイエット・筋トレをしたことがある方は、一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

考えられる原因は沢山ありますが、今回は見落としがちな栄養素ビタミンB6についてのお話です。

皆さんのお食事内容をチェックしていると、つい不足してしまう傾向が多い栄養素がビタミンです。

そこで今回はビタミンB6に着目し、ダイエットや筋トレをする上でなぜビタミンB6が必要なのか紹介していきます。

ビタミンB6を摂取すると筋肉の材料であるタンパク質の吸収が良くなる!?

ビタミンB6がトレーニンングやダイエットにおいて必要不可欠な一番の理由は、ビタミンB6にはタンパク質を合成する働きがある為です。

タンパク質の合成とは、わかりやすく言うと筋肉を作るための材料であるタンパク質を、しっかり筋肉まで届けてくれる働きです。つまり筋肉をつける、増やす上で非常に重要なビタミンがビタミンB6なのです。

ビタミンB6は脂肪肝を防ぐ役割もある!?

タンパク質の合成だけでなく、なんと脂質の代謝を促す働きもあります。さらに肝臓に脂肪がたまるのも防ぐ働きがあるのでダイエットをしている方、40代・50代以降の脂肪肝の方にも強い味方です。

前回記事のビタミンB2の内容でも紹介したように、糖質制限中は脂質をエネルギー源にしているため、糖質制限、低糖質ダイエットの方も必須のビタミンですので覚えておきましょう。

ダイエット・筋トレをしている人がビタミンB6を摂取するならこの食材がオススメ

ビタミンB6は肉や魚などの動物性食品に多く含まれています。その他にも、ニンニク、豆類、バナナなどに含まれていますが、植物性食品は体内での利用効率が低いため、動物性食品の方がベターです。

Pick up Food: 鶏ささみ

ビタミンB6を多く含みダイエット・筋トレをしている方にオススメなのが鶏ささみです。

高タンパク、低脂質、糖質もほとんどないのでヘルシーです。タンパク質の合成を促すビタミンB6を多く含み高タンパクな鶏ささみはまさに最強食材と言えます。

さらに注目の食材がニンニクです。ニンニクのビタミンB6含有量は鶏ささみの2倍以上あります。牛肉などお肉やお魚料理には炒めたニンニクをアクセントに取り入れると良いですよ!

ビタミンB6は生理前のイライラを改善 

生理前のイライラや腰痛などの月経前症候群(PMS)はホルモンの乱れが原因です。ビタミンB6はホルモンを整える働きがあるため、月経前症候群を改善する働きがあります。

また、ビタミンB2を多く含むレバーには月経前症候群に効果的なヘム鉄を含むだけでなく、ビタミンB6も多くみます。ダイエット中の女性のみならず、月経前症候群がある方はビタミンB6、B2を多く含むレバーは定期的に食べていくことをお勧めします。


MEHRANIANの無料カウンセリングでは

  • ダイエットのご相談 
  • 痩せるための食事の相談 
  • 筋肉をつけるための食事の相談 
  • トレーニングの内容・ご説明 
  • 目標の体重までの適切な減量期間

など、無料でカウンセリングを致します。まずは一度お気軽にご来店ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
パーソナルトレーニングジムMEHRABIAN横浜の代表/12名様限定会員制ジムで主に経営者・医師のボディメイクを行う/元RIZAPパーソナルトレーナー/著書『筋肉をつける、体脂肪を減らす最強の習慣術』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© MEHRABIAN(現KEYSBIT) , 2017 All Rights Reserved.