Pocket

「今年こそは痩せたい!」

1月は何か新しいことにチャレンジしたくなりますよね。

お腹のお肉を掴んで、「これはなんとかしなければマズい…」と思って、とりあえず腹筋をやり始めた人はいませんか?

あまり運動した事が無い人でも、一度はやったことがある筋トレと言えば「腹筋」ではないでしょうか。

でもちょっと、待ってください。

もしかしたら、あなたの腹筋は間違っているかも!?

多くの人がやったことがある筋トレだからこそ、間違った方法で腹筋をやっている人は多い。

間違った腹筋の特徴は

  • とにかく動きが速い
  • 「腹筋100回やった!」と回数が多ければいいと思っている
  • 反動を使って上体を起こしている
  • 首が痛くなる

など…

正しい腹筋はダイレクトにお腹の筋肉を使うため10回~15回でかなり効きます。

無料カウンセリングのご予約はこちら

01

シットアップ

①仰向けの状態になり、両膝を90度程度に曲げていきます。両手は耳の後ろに当てます。

②背中を丸めるように肩甲骨が床から離れるまで上体を起こしていきます。目線はヘソを覗き込むようにすると腹筋をより意識できます。

★POINT 起き上がる際は反動を使わずに、ゆっくり起き上がります。上体を起こすのに3秒、肩甲骨が浮いたところで3秒間キープしていきます。(3秒間ができない人は2秒間に調整します)

★POINT 腹筋は呼吸を意識するだけで効き目がかなり変わります。上体を起こすときと、肩甲骨が浮いたところで息を吐きましょう。つまり3秒+3秒で6秒間吐き続けます。息を吐き切るように意識しましょう。息を吐くことでお腹が硬くなるような感覚があればGOODです。

★POINT 上体を戻す時はしっかり息を吸っていきます。

★上体を上げすぎたり、脚が浮いたりしないように注意しましょう。腹筋への負荷が抜ける原因となります。

正しい腹筋はゆっくり動作を行い、息をしっかり吐くことがポイントです。10回から15回の範囲でしっかり効かせることが重要です。動きが早かったり呼吸を意識しないと負荷が逃げてしまいます。

まずは10回、3セット、セット間の休憩時間は30~60秒を目安に行っていきましょう。慣れてきたら15回まで増やしていきましょう。

無料カウンセリングのご予約はこちら

MEHRANIANの無料カウンセリングでは

  • ダイエットのご相談 

  • 痩せるための食事の相談 

  • 筋肉をつけるための食事の相談 

  • トレーニングの内容・ご説明 

  • 目標の体重までの適切な減量期間

など、無料でカウンセリングを致します。まずは一度お気軽にご来店ください。ご予約は下記の「まずは無料カウンセリングを受けてみる!」をクリックして頂き、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

まずは無料カウンセリングを受けてみる!

【基本情報】

パーソナルトレーニングジムMEHRABIAN(メラビアン) 

3分でわかるMEHRABIANのパーソナルトレーニング

代表 間弓隼(まゆみ はやと)

もっと詳しいプロフィールはコチラ

アクセス:横浜駅徒歩7分

〒220‐0073 神奈川県横浜市西区岡野1-1-5カーサアストレア

Mail:info@mehrabian-training.com

HP:http://www.mehrabian-training.com

Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)