Pocket

こんにちは!パーソナルトレーナーの間弓です。

仕事ができる人の特徴として「時間の使い方」が上手いというのは、欠かせない要素ではないでしょうか。

そして紛れもない事実として、仕事ができる人ほど、余った時間を使って筋トレなどの運動をしています。

先日、スタバで『PRESIDENT』という雑誌を読んでいました。

仕事ができる人の時間の使い方に関する特集が組まれており、頷ける部分が多く面白かったです。

と言うのも、私のクライアント様は経営者や医師・歯科医師の先生、一流企業で働く方が多いのですが、まさに雑誌に書いてある「仕事ができる人の時間の使い方」を皆さんが実行されているからです。

今回は【仕事ができる人の時間の使い方】と、【一般的な人の時間の使い方】について、1月29日発売の雑誌『PRESIDENT』で掲載されていたアンケート結果を基に、自論を交えてお話していきます。

|時間の使い方が上手い人の特徴 

・やるべきことを、やるべき時間や期日よりも早く終わらせる

・集中力があり生産性が高い(同じ時間で人より多くのタスクをこなす)

・残業癖がない

・午前中に、一日にやるべきことの多くを終わらせる

・優先順位をつけることができる

・自分がやるべきではない事はやらない(人に任すことが出来る)

⇒仕事以外にも趣味や筋トレなどの健康管理、家族と過ごす時間を作ることができる。

 

|仕事ができる人と時間の使い方が上手いことの関係性 

上で書いた時間の使い方が上手い人の特徴を見れば、仕事ができる事との関係性はあまり説明しなくても理解できるのではないでしょうか。

同じ時間内に人より多くの量の仕事をこなすだけでなく、その質も高い。何が重要で何がそうでないかを判断することが出来るので、仕事ができる人として周囲から認められるのではないでしょうか。

これが1カ月、1年、5年、10年と続けば、その他大勢の人と大きな差が着くはずです。

 

|日本人の生産性は低い!? 

国民一人あたりのGDPは2016年時点で22位。日本人の生産性が低いことが指摘され、最近は「働き方改革」など日本人特有の働き方を見直す動きが注目され始めている。

日本人の特徴として雑誌『PRESIDENT』では

・上司が帰るまでは帰れない

・遅くまで飲み歩く

・慢性的な寝不足

を挙げている。

まずは上司が、仕事を早く終え、早く帰るという習慣をつけることが大切ですね。

雑誌『PRESIDENT』では【日本の一般的なサラリーマン・OL】と【グローバルエリート(日本・欧・米のCEO、役員、部長)】600人に働き方に関するアンケートを実施。

世界を牽引するグローバルエリート(仕事ができる人)たちの時間の使い方と、日本人の一般的なサラリーマン・OLの時間の使い方には面白いほど大きな違いがあります。

 

|できる人は仕事に制限時間を設けている 

仕事が出来る人の7割が一日の仕事に制限時間を設けている

一般的なサラリーマンの7割一日の仕事に制限時間を設けていない

※雑誌『PRESIDENT』のアンケート結果を参考

人は締め切りいっぱいまで仕事を先延ばしにしてしまう習性があります。

だからこそ仕事ができる人は、敢て制限時間を設けることで生産性を上げています。

豆知識「パーキンソンの法則」

仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

Wikipediaより引用

つまり、仕事は締め切りや制限時間を設け無ければ、ダラダラと続いてしまうのです。

夏休みの宿題を、最終日に焦って終わらせる人は、まさにパーキンソンの法則に当てはまります。

 

|できる人ほど運動している 

仕事ができる人の7割が 一日に1時間以上の運動をしている

一般的なサラリーマンの7割は全く運動していない

※雑誌『PRESIDENT』のアンケート結果を参考

自己管理が出来る人は、時間管理も上手い。事実、体を鍛えると仕事の集中力が上がるというデータもあります。

自己管理ができていると、仕事ができる人という印象を与えることができ、仕事にもプラスの影響は大きいでしょう。

 

|できる人は睡眠の大切さを知っている 

仕事ができる人の6割7時間~8時間寝ている

一般的なサラリーマンの6割5時間~6時間しか寝ていない

※雑誌『PRESIDENT』のアンケート結果を参考

睡眠時間は日中のパフォーマンスに直結します。

 

|出来る人はその日やるべきことを紙に書き出す 

仕事が出来る人の5割がその日やるべきことを紙に書き出す

一般的なサラリーマンの8割その日やるべきことを紙に書き出していない

 ※雑誌『PRESIDENT』のアンケート結果を参考
 

|まとめ 

・時間の使い方が上手い人は仕事ができる人。
・仕事が出来る人の7割が一日の仕事に制限時間を設けている。
・仕事ができる人の7割が 一日に1時間以上の運動をしている。
・仕事ができる人の6割が7時間~8時間寝ている。
・仕事が出来る人の5割がその日やるべきことを紙に書き出す。
 

無料カウンセリングのご予約はこちら

MEHRANIANの無料カウンセリングでは

  • ダイエットのご相談 

  • 痩せるための食事の相談 

  • 筋肉をつけるための食事の相談 

  • トレーニングの内容・ご説明 

  • 目標の体重までの適切な減量期間

など、無料でカウンセリングを致します。まずは一度お気軽にご来店ください。ご予約は下記の「まずは無料カウンセリングを受けてみる!」をクリックして頂き、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

まずは無料カウンセリングを受けてみる!

【基本情報】

パーソナルトレーニングジムMEHRABIAN(メラビアン) 

3分でわかるMEHRABIANのパーソナルトレーニング

代表 間弓隼(まゆみ はやと)

もっと詳しいプロフィールはコチラ

アクセス:横浜駅徒歩7分

〒220‐0073 神奈川県横浜市西区岡野1-1-5カーサアストレア

Mail:info@mehrabian-training.com

HP:http://www.mehrabian-training.com

 

Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)