Pocket

こんにちは!パーソナルトレーナーの間弓隼です。

今回は「ダイエットで本気で痩せたい女性必見!30代で人生最高の体になる方法」の記事でご紹介した、マイナス14㎏の劇的なボディメイクに成功されたクライアント様の鈴木法子さんにインタビューを行いました。

AFTER

BEFORE

女性が筋トレで効果を出すまでに必要なことや、モチベーションを保つ方法、食べ物や甘いもの、お酒との付き合い方など、10個の質問にお答えしていただきました。

モデルや芸能人のビフォーアフターだと「なんか親近感が湧かない」という方でも、ごくごく普通の一般女性が劇的に変わった際の生の声は親近感を持っていただけるのではないでしょうか。

それでは、さっそく10個の質問と回答を見ていきましょう!

 

間弓 ボディメイクを始めた理由はなんでしたか?

法子さん わたしの主人が、間弓さんのパーソナルトレーニングを受けて、体が大きく変わったことがきっかけです。
それだけではなく、体が変わった主人は生き生きとして、「自信を持ち雰囲気がかっこよくなった」と感じたのがボディメイクをはじめたきっかけの1つです。
 

(左:以前の法子さん、中央:法子さんのご主人の仁志さん、右:わたし間弓です)

間弓 食事管理や筋トレを始めてみたものの、なかなか継続できずに2~3カ月で止めてしまう人も多いです。その中で、一年以上継続できている理由を教えて下さい。

 
法子さん 単純に楽しいからです。トレーニングの重量が上がることはもちろん、翌日にピンポイントで筋肉痛が来ること、ちょっとずつでも脂肪のブヨブヨがなくなり、徐々に筋肉がついてくる感覚が好きです。
小さな変化は自分にしかわからないので、自分の体の変化に興味を持つことが大切です。
こうしているうちに一年が経っていました。
それとトレーニング中の間弓さんのエグい追い込みも大好きです。
 (法子さんのトレーニング風景)

間弓 モチベーションが落ちることはありますか?またどうやってモチベーションを保っていますか?

 
法子さん この一年の間にはモチベーションが落ちたこともありました。その時は思いきって休みました。休んでいる間に食べたいものを食べ、大好きなお酒をガブガブ飲み、これから先の自分についてどうなりたいか、何がしたいかじっくり考えました。
そこからボディメイクして、有名なフィットネスモデルのAYAさんみたいな体になりたいと目標を立てることでモチベーションが上がりました。
 
今はモチベーションが下がることはないですが、下がりそうな時はたまにあります。その時は、選択肢がいくつかあって、①とりあえずジムに行く。行って誰かがダンベル持ってるのを見ると私もやりたい!ってなる!
 
②カフェでのんびりと本を読む。疲れている時は、心の栄養になります。読んでいるときに、心の描写に感動するときがあり、よくカフェで1人泣きます。そうするとモチベーションが戻ってきます。
 
スーパー銭湯に行く。ストレス解消でやる気が沸いてきます。あの人のお尻キレイとか、バランスいいなとか人の体を見てモチベーションを上げてます。(少し変態っぽく聞こえますが。)
 
④1人カラオケする。私は筋トレ以外に歌うことが好きなので、ボディメイクに疲れたときは違う好きなことをして、一度視野を広げると、またモチベーションが上がります。
 
モチベーションを保ち続けるのは、毎日自分と向き合うこと、今日できることを一生懸命にやること、少しずつでもなりたい自分になっていると信じることです。写真を撮っておくと、1週間で変わったのがよくわかります。変化がまたモチベーションを上げてくれます。
 (トレーニング後の一枚。この写真かっこよくてお気に入りです♪)

間弓 本格的に体を変えるためにバルクアップ(筋肉量を増やすために体重を増やす)期間を設けて体重を6~7㎏ほど増やした時期がありました。女性は筋肉をつけるために体重を増やすことに抵抗があります。なぜ私の指導を受け入れることが出来たのでしょうか?

 
法子さん その時は重量を上げる楽しみが私の活力だったからです。例えばヒップリフト100キロなんてめちゃ嬉しいですから。
後は、間弓さんへの信頼があったことも大きいです。
 
ホルモンの影響で女性が筋肉ついて男性のようにイカつくなることはほぼなく、筋肉がつくことで、プリっとしたお尻やキレイなデコルテ、しなやかな背中が手に入ります。女性の魅力満載なわけです。
これだけの理由があれば6~7キロくらいのリスクなんてどうってことはありませんでした。 

(以前は「ありえない」とおっしゃていたビキニも今では素敵に着こなしています) 

 

間弓 甘いものや、食べることは好きですか?また、その誘惑にはどうやって向き合っていますか?

 
法子さん 私は食べることが大好きです。今や自虐的に使っているビフォーの写真の頃はフードファイターのように食べていました。好きなものは唐揚げ、ラーメン、お酒、ケーキとデブ代表のようなものです。
 
食事への誘惑は、食事管理を始めて3日間は辛かったです。その間はBCAA(アミノ酸の一種)を炭酸で割ってジュースだと騙して飲んだり、カロリーゼロのゼリーで紛らわしたり、ガムを噛んだりしました。3日我慢すると、体重がスッと落ちた気がします。
 
特に夜を乗り切れば翌日の体重変化と見た目の変化があったので、食の誘惑には負けませんでした。それに、誘惑に負けて食べしまった翌日は、さすがに女子力のない私でもむくみが気になったり、お腹の張りが気になったので、誘惑に負けないことの方がメリットが大きいと感じられるようになりました。
 

間弓 法子さんはもともとお酒が好きだったと思います。ボディメイクを行うなかでお酒とはどのように付き合っていますか

 
法子さん お酒も大好きです。もともと適度に飲むなんて選択肢はなく、飲むなら果てまで飲むタイプでした。それがストレスの捌け口でした。
今も隙あらば飲もうとしてますが、食事の時間、翌日の準備、筋トレと忙しいので、飲むのを忘れます。
 

間弓 「筋トレをすると太くなるから嫌だ」と感じている女性が多いです。実際に本格的にボディメイクをしてみて、いかがでしょうか?

 
法子さん 筋トレして太くなれるなら、男女共にトレーニングは苦労しないと思います。私も毎日、明日お尻が大きくなっていたらいいなと願ってます。大した筋トレもせず、太くなるなんてことは有り得ません。
 
本格的なボディメイクをして得た体は、男性のようなムキムキの体ではなく、自分自身をうっとりさせるような、しなやかな体でした。
 

 

間弓 女性はなかなかストイックに食事管理と筋トレができる人は少ないです。法子さんから何かアドバイスはありますか?

法子さん 別にストイックと考えなければいいだけだと思います。
筋トレ=ストイックと繋がるから「辛い、苦しい」になるので、ゴルフを趣味として楽しんでる男性と何も変わらない、筋トレという趣味と考えれば良いと思います。
 

(とある日の法子さんのお食事)

間弓 体が変わって1番嬉しかったことは?反対にその過程でつらかったことはありますか?

 
法子さん 1番は自分自身が自分の体を情けないと卑下しなくなったことです
他に嬉しかったことは順位をつけられないくらい大量にあります。
過程でつらかったことは、ありません。嬉しいことの方が多いですから。
 (今年は初めてご主人の仁志さんと二人でコンテストに出場)

 

間弓 さいごに、ダイエットや筋トレで身体を変えたい女性にコメントを下さい。

 
法子さん 楽してダイエットなんてないです。でも、楽じゃなくても、楽しくて充実したダイエット法は私、知ってます!ついでに美ボディーになっちゃいます笑
できない理由を考える前に、とりあえず一緒に筋トレしましょう!本当に合わなければやめればいい。やってみなきゃわからない。
それを手助けしてくれる人は案外多いです。
 
 

無料カウンセリングのご予約はこちら

MEHRANIANの無料カウンセリングでは

  • ダイエットのご相談 

  • 痩せるための食事の相談 

  • 筋肉をつけるための食事の相談 

  • トレーニングの内容・ご説明 

  • 目標の体重までの適切な減量期間

など、無料でカウンセリングを致します。まずは一度お気軽にご来店ください。ご予約は下記の「まずは無料カウンセリングを受けてみる!」をクリックして頂き、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

まずは無料カウンセリングを受けてみる!

【基本情報】

パーソナルトレーニングジムMEHRABIAN(メラビアン) 

3分でわかるMEHRABIANのパーソナルトレーニング

代表 間弓隼(まゆみ はやと)

もっと詳しいプロフィールはコチラ

アクセス:横浜駅徒歩7分

〒220‐0073 神奈川県横浜市西区岡野1-1-5カーサアストレア

Mail:info@mehrabian-training.com

HP:http://www.mehrabian-training.com

 

Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)